ソニーは2月28日、コンパクトデジタルカメラ「サイバーショット」シリーズの新製品4機種を3月9日から順次発売すると発表した。価格はすべてオープン。

 4機種ともに、光学式手ブレ補正機能とISO3200までの高感度撮影機能を搭載。さらに、ピントや露出補正、ホワイトバランス調整などを行い、顔の色まで自動的に最適化する独自の顔検出機能「顔キメ」を、「サイバーショット」シリーズで初めて搭載。手ブレや被写体ブレに加え、人物撮影時のミスショットも抑える。画像処理エンジンは、デジタル一眼レフカメラ「α100」で採用している「BIONZ(ビオンズ)」を「サイバーショット」用に新たに開発したものを搭載。高画質と高速処理を実現した。

 別売りのHD出力アダプターケーブルなどを使用し、同社製テレビ「BRAVIA(ブラビア)」などの対応テレビに接続することで、写真を水平1920×垂直1080画素のハイビジョン画質で表示できる「ハイビジョン静止画出力」機能も備える。音楽やエフェクトに合わせて写真を自動再生するスライドショー機能「音フォト」もハイビジョンに対応する。

 「DSC-T100」は、有効810万画素のCCDと折り曲げ式レンズ機構の光学5倍ズームレンズを搭載。HDスマートズームを使用すれば約8.5倍までズーム撮影ができる。液晶モニターは、大きくて見やすい3.0型の「クリアフォト液晶プラス」を装備する。カラーはシルバー、ブラック、レッドの3色。大きさは幅91.8×高さ59.2×奥行き22.3mm、重さは約141g。

 「DSC-T20」は、有効810万画素のCCDと光学3倍ズームレンズを搭載。被写体に約1cmまで近寄って撮影できる「拡大鏡モード」も備える。カラーはシルバー、ブラック、ホワイト、ピンクの4色で、シルバーモデル以外はレンズ周りは鏡面仕上げを施し、ツートーンフェイスデザインとした。大きさは幅89.7×高さ55.7×奥行き22.8mm、重さは約127g。

 「DSC-W80」は、有効740万画素のCCDと光学3倍ズームレンズを搭載。また、沈胴式レンズを採用した「Wシリーズ」で初めて光学式手ブレ補正機能を取り入れた。カラーはシルバー、ホワイト、ピンクの3色。大きさは幅91.0×高さ58.0×奥行き22.9mm、重さは約124g。

 「DSC-H7」は、有効810万画素のCCDと光学15倍ズームレンズを搭載した高倍率ズームモデル。HDスマートズームを使用すれば、約25倍まで望遠撮影ができる。最大20m先まで届く大光量フラッシュも内蔵。また新たに、動きの早い被写体でもフォーカスがずれずに撮影できる「アドバンストスポーツ撮影モード」を搭載した。カラーはシルバー、ブラックの2色。大きさは幅109.5×高さ83.4×奥行き85.7mm、重さは約375g。

 ハイビジョン静止画出力に対応したプリンタと「DSC-W80」をセットにした「DSC-W80HDPR」も発売する。ハイビジョン対応のテレビとD端子で接続し、付属のクレードルに「DSC-W80」を設置すればハイビジョン画質で静止画が見られるほか、写真をプリントしたり、カメラを充電したりできる。

 プリンタは昇華型熱転写方式で、リモコンの「プリント」ボタンを押すだけで簡単に印刷できる。印刷スピードは、ポストカードサイズが1枚約59秒、Lサイズが1枚約53秒。本体は縦置き・横置きどちらも可能。

 実勢価格と発売日は、「DSC-T100」が3月9日で5万円前後、「DSC-T20」が4月6日で4万円前後、「DSC-W80」が4月20日で3万3000円前後、「DSC-H7」が4月27日で5万円前後の見込み。ハイビジョン静止画出力対応プリンタキット「DSC-W80HDPR」は4月27日で、5万円前後の見込み。