アイ・オー・データ機器は2月28日、光沢のないノングレア液晶パネルを採用した19型ワイド液晶ディスプレイ「LCD-AD192X」と22型ワイドの「LCD-AD221X」を3月下旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は「LCD-AD192X」が3万9800円前後、「LCD-AD221X」が4万9800円前後の見込み。本体カラーはともにホワイトとブラックの2色。

 アイ・オー・データ機器は2月28日、光沢のないノングレア液晶パネルを採用した19型ワイド液晶ディスプレイ「LCD-AD192X」と22型ワイドの「LCD-AD221X」を3月下旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は「LCD-AD192X」が3万9800円前後、「LCD-AD221X」が4万9800円前後の見込み。本体カラーはともにホワイトとブラックの2色。

 19型ワイドの「LCD-AD192X」は最大解像度1440×900ドット、22型ワイドの「LCD-AD221X」は最大解像度1680×1050ドットに対応。ワイド解像度以外の映像を横に伸ばさずに表示できるアスペクト比固定機能も搭載する。

 2機種ともに輝度は300cd/m2、コントラスト比は800:1、応答速度は5msで、 動きの速い動画もくっきりと表示できる。視野角は「LCD-AD192X」が上下左右170度、「LCD-AD221X」は上下170度、左右178度。また、「LCD-AD192X」は1.5W、「LCD-AD221X」は3Wのステレオスピーカーをそれぞれ2基内蔵する。

 HDCP対応DVI-D端子を装備し、Blu-ray Disc(BD)などの著作権保護機能付きコンテンツの再生が可能。D-Sub15端子も装備し、アナログ/デジタルで2台のPCを接続し、使い分けることもできる。Windows Vistaでの品質を保証するロゴ「Certified for Windows Vista」も取得している。