ディーツー コミュニケーションズ(D2C、藤田明久社長)は2月26日、東京無線タクシー(荻野隆義理事長)と、エスアイアイ・データサービス(SDS、久保信夫社長)の協力のもと、「トルカ」内広告配信のテストマーケティングを同日から開始すると発表した。

 東京無線タクシーでは、06年8月から「iD」サービスの取り扱いと「トルカ」配信サービスを開始。今回、D2Cでは東京無線タクシーがiD決済ユーザー向けに配信する「トルカ」内に広告スペースを設け、広告媒体としての効果を検証する。

 対象は、NTTドコモの「トルカ」対応携帯電話を所有し、東京無線タクシーの代金を「iD」で決済したユーザー。テストでは当初、「トルカ」内の広告スペースから、「ドコモコイン」をノベルティとしたアフィリエイトキャンペーンサイト「とくする貯金箱」への誘導を行い、キャンペーンサイトへのアクセス数などから、広告媒体としての「トルカ」の効果を測定・検証する。実施車両は約5500台。

 今後は、一般広告主の広告掲載も予定しており、今回のテストマーケティングから得られるデータをもとに、「おサイフケータイ」を活用した新しいマーケティングサービスの開発に取り組む予定。なお、今回の「トルカ」配信に利用する端末、配信サービスは、SDSの車載向けiD決済端末とCREPiCOサービスを利用する。