NECとNECパーソナルプロダクツは2月26日、春商戦向けに、本体色にウォーターブルーを採用したスタンダードノートPC「LL550/HG1F」を2月28日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は17万円前後の見込み。

 NECとNECパーソナルプロダクツは2月26日、春商戦向けに、本体色にウォーターブルーを採用したスタンダードノートPC「LL550/HG1F」を2月28日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は17万円前後の見込み。

 「LL550/HG1F」は、OSに「Windows Vista Home Premium」を搭載した「LaVie L ベーシックタイプ」のエントリーモデル「LL550/HG」をベースに、天板とキーボード奥のパネル部に春らしく爽やかなウォーターブルーを採用したモデル。「LL550」シリーズは現行のスノーホワイトと合わせて、2色のカラーバリエーションで展開する。

 液晶ディスプレイには、WXGA(1280×800ドット)対応の15.4型「ワイドスーパーシャインビュー液晶」を採用。CPUはモバイルAMD Sempron 3200+(1.60GHz)で、チップセットはグラフィックアクセラレータ内蔵の「ATI Radeon Xpress 1100/IXP 460」を搭載。メモリはデュアルチャネル対応のDDR2-667メモリを採用し、標準で1GBを搭載する。

 IEEE802.11a/b/g準拠のワイヤレスLANも内蔵しており、オン/オフがしやすいようスイッチを本体前面に配置するとともに、動作・通信状態が一目でわかる動作ランプも装備した。USBポートは左右に各1ポート、背面に2ポートの計4ポートを配置。SDHCメモリカードなど3メディアに対応したトリプルメモリースロットも装備する。