シャープは2月23日、高速赤外線通信(IrSS)を使って、対応のカメラ付き携帯電話で撮影した画像を無線で受信し、ケーブルで接続したテレビに映し出すことができるワイヤレスフォトアダプター「HN?IR1」を4月25日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は1万4000円前後の見込み。

 シャープは2月23日、高速赤外線通信(IrSS)を使って、対応のカメラ付き携帯電話で撮影した画像を無線で受信し、ケーブルで接続したテレビに映し出すことができるワイヤレスフォトアダプター「HN?IR1」を4月25日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は1万4000円前後の見込み。

 赤外線通信を利用することで、メモリカードなどを使わずにテレビに携帯電話で撮影した写真を楽しむことができる。通信速度は4Mbps(メガビット/秒)で、300万画素の画像データの場合は約2秒で受信する。通信距離は最大20cm。受信した画像はD端子、ビデオ端子を使ってテレビなどに出力する。D端子では、1920×1080画素のフルハイビジョンで表示可能。

 写真のサイズに合わせ、画像の回転したり、拡大表示することもできる。本体上面に、テレビに表示した画像を右に90度ずつ回転させる「右回転」ボタン、画面一杯に画像を拡大表示する「表示切替」ボタンを備えた。

 対応する携帯電話はシャープ製の9端末。携帯電話会社別ではNTTドコモが「SH903i」「SH902iS」「SH902iSL」「SH702iS」、ソフトバンクモバイルは「911SH」「910SH」「811SH」「810SH」、au(KDDI)では「W51SH」となる。

 対応するファイル形式はJPEGで、受信可能なファイル容量は最大6MB、画像サイズは縦横ともに4080画素以下の最大800万画素。サイズは幅約79×奥行き約70×高さ約28mm、重さは約66g。電源はACアダプター。