三洋電機(井植敏雅社長)は2月21日、2GBのメモリを内蔵し、長時間のステレオ録音が可能なICレコーダー「ICR-PS285RM」を3月10日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は3万3000円前後の見込み。

 音楽CDと同じ音質で録音できる「リニアPCM形式」を録音フォーマットに採用。PC上で編集しやすい「MP3形式」での録音にも対応し、2GBの内蔵メモリにPCM形式で約3時間10分、MP3形式ではステレオで約142時間、モノラルで約284時間まで録音できる。

 新開発のチルトアップ式ステレオマイクも搭載。従来機種に比べ集音性が約3倍に向上した。机上に置いて録音する際、マイク部をティルトアップすると、机の反響音・ノイズを低減できる。また、録音感度の調整は「自動」と「マニュアル」を切り替え可能で、マニュアル選択時には、録音レベルメーターとPEAKランプを使って自由に調整できる。

 独自の高性能LSIを搭載することで、長時間の電池駆動も実現した。約1000回繰り返し充電して使える同社製充電池「eneloop(エネループ)」1本が付属し、本体に充電池をセットしたまま、PCとUSBで接続するだけで充電が行える。単4形アルカリ乾電池1本でも動作する。

 このほか、外部機器の高音質ダビングが可能な「マイク/ライン入力切換機能」、本体に保存したMP3、WMA、DRM10-WMA形式の音楽ファイルを再生できる音楽再生機能などを備える。日本語漢字表示対応のバックライト付き大型液晶を搭載し、楽曲情報の表示も可能。本体サイズは幅34.2×高さ119.7×奥行き13mm、電池を含む重さは約49g。