シャープは2月20日、ブルーレイ・ディスク(BD)プレーヤーを内蔵した7.1chサラウンド対応のホームシアター用サラウンドシステム「BD-MPC70」を6月25日に発売すると発表した。価格は105万円。受注生産で販売する。

 シャープは2月20日、ブルーレイ・ディスク(BD)プレーヤーを内蔵した7.1chサラウンド対応のホームシアター用サラウンドシステム「BD-MPC70」を6月25日に発売すると発表した。価格は105万円。受注生産で販売する。


 独自の「1ビットデジタルアンプ」の性能をより高めたサラウンドアンプを搭載。CDの256倍となる11.2KHzの超高速スイッチングで1ビット信号を増幅し、アナログの原音をデジタルでも高音質で出力できる。

 左右のフロントスピーカーとサラウンドスピーカーの4チャンネル用として、音を同心円状に放射する新開発のスピーカーも搭載。スピーカーが部屋の全方向に音声を出力することで、干渉やズレを抑えると同時に広いリスニングエリアを確保し、自然な再生音が楽しめるようにした。

 システム構成はBDプレーヤー内蔵サラウンドアンプ、フロントスピーカー、サラウンドスピーカー、サラウンドバックスピーカーが各2本、センタースピーカー、サブウーハーが各1本。

 7.1chのサラウンド出力が可能で、次世代オーディオフォーマット「ドルビーデジタルプラス」「ドルビーTrueHD」「DTS-HD」に対応する「7.1チャンネルデコーダー」を装備する。HDMI端子で接続した同社製液晶テレビ「AQUOS(アクオス)」や同社製DVDレコーダーと連動して操作できるリンク機能「AQUOSファミリンク」にも対応。専用リモコンが付属する。

 BDプレーヤーは、BDビデオソフト再生時、液晶テレビ「AQUOS」に最適な画像処理を施し、フルハイビジョンで表示可能な画像処理回路を搭載。BDビデオのほか、片面一層式の「BD-RE」「BD-R」、DVDビデオ、ファイナライズ済みのDVD-R/RWなども再生できる。


 同時に、1ビットデジタルアンプを搭載し、「AQUOSファミリンク」に対応するAVラック型のオーディオシステム「AN-ACR1」「AN-ACS1」を3月10日に発売すると発表した。

 2モデルともに「BD-MPC70」同様、高音質な出力が可能な「1ビットデジタルアンプ」を搭載。音の指向性に優れた10cmワイドレンジウーハー、2.5cmソフトドームツイーターの2チャンネル、2ウェイスピーカーシステムとサブウーハーを内蔵し、センタースピーカーなしでも中抜け感のない音声が広いリスニングエリアで楽しめる。


 「ドルビーバーチャルスピーカー」も搭載しており、2チャンネルスピーカーとサブウーハーだけで5.1chのサラウンド効果が得られる。「スタンダード」「シネマ」「ニュース」「ミュージック1」「ミュージック2」「スポーツ1」「スポーツ2」「ナイト」から視聴する映像に合わせて選ぶことができる8種類のサラウンドモードも内蔵した。

 デザインは、光沢感のあるピアノブラック調を採用。表面には鏡面シートを使ったシートを使用し、天板と棚板には飛散防止フィルムをラミネートした厚さ5mmの強化ガラスを配置した。

 「AN-ACR1」は、「AQUOS」Rシリーズの65、57、52V型、「AN-ACS1」は52、46、42V型に対応する。サイズは「AN-ACR1」が幅1595×高さ410×奥行き469mm、「AN-ACS1」で幅1315×高さ476×奥行き436mm。価格はオープン。実勢価格は「AN-ACS1」が25万円前後、「AN-ACS1」が20万円前後の見込み。