オンラインストア「Amazon.co.jp」を運営するアマゾンジャパンとシティカードジャパン(シティカード、サミール・バキル社長)は、VISAブランドの提携カード「Amazon クレジットカード」を発行すると発表した。すでに2月15日から申し込みを受け付けている。

 オンラインストア「Amazon.co.jp」を運営するアマゾンジャパンとシティカードジャパン(シティカード、サミール・バキル社長)は、VISAブランドの提携カード「Amazon クレジットカード」を発行すると発表した。すでに2月15日から申し込みを受け付けている。

 同カードを「Amazon.co.jp」上の買い物の決済に利用すると100円ごとに2カードポイント、国内外のVISA加盟店など「Amazon.co.jp」以外の店で利用すると100円ごとに1カードポイントを獲得できる。500カードポイントが貯まれば、「Amazon.co.jp」で利用できる500円分のAmazonギフト券と交換が可能。ただし、貯めたカードポイントをアマゾンが提供するポイントサービス「Amazonポイント」に移行したり、どちらか一方にまとめたりすることはできない。

 購入品の盗難や破損を年間200万円まで補償する「バイヤーズプロテクション」や、キャッシング、カードローン、分割払いローンなどの借り入れ機能も備える。

 カードの発行対象者は、20歳以上で年収が200万円以上、または18歳以上の学生で、学生の場合は親権者の同意が必要。高校生は除く。個人会員・家族会員ともに年会費は無料で、利用可能額は10-50万円(学生は10万円)。カードのデザインは、黒と赤の2つのタイプから選べる。