アプライド(岡義治代表取締役)は、同社のデジタル家電ブランド「fpiedi(ピエディ)」で、USBポートを搭載したDVDプレーヤー2機種を2月中旬、大型スピーカー1機種を3月下旬に発売すると発表した。

 アプライド(岡義治代表取締役)は、同社のデジタル家電ブランド「fpiedi(ピエディ)」で、USBポートを搭載したDVDプレーヤー2機種を2月中旬、大型スピーカー1機種を3月下旬に発売すると発表した。

 DVDプレーヤーはUSBポートとSDメモリーカードのスロットを搭載した「DV501XDR」、USBポートのみ装備する「DV370X」の2機種をラインアップした。

 2モデルともに、DVD、音楽CD、MP3、WMA、MPEG4、JPEGに加え、20ビットの高音質な音楽データを16ビットのCDフォーマットに記録した「HDCD」、音楽CDに静止画や文字画像の情報を記録したCDのフォーマット「CD-G」の再生にも対応する。

 USBポートを備えるため、パソコンに保存した画像や動画などをUSBメモリといった機器などを経由して再生することが可能。また「DV501XDR」は通常のリモコンのほか、簡単に操作ができるリモコンが付属する。

 大型スピーカー「DS3092」は、テレビやDVDプレーヤーなどに接続して、大迫力のサウンドを楽しめる。マイクポートを装備しており、カラオケなどもできる。最大出力は100Wで、本体サイズは幅215×奥行き290×高さ570mm。

 価格はすべてオープンで、実勢価格は「DV501XDR」が7980円前後、「DV370X」が5980円前後、「DS3092」が1万9800円前後の見込み。