ジュピターTV(竹岡哲朗社長)とジュピターテレコム(J:COM、森泉知行社長)は2月15日、ジュピターTVグループの女性向け総合エンターテインメント・チャンネル「LaLa TV」をハイビジョン(HD)化した「LaLa HD」を4月1日からCATVサービス「J:COM TV デジタル」の基本チャンネルで放送すると発表した。

 ジュピターTV(竹岡哲朗社長)とジュピターテレコム(J:COM、森泉知行社長)は2月15日、ジュピターTVグループの女性向け総合エンターテインメント・チャンネル「LaLa TV」をハイビジョン(HD)化した「LaLa HD」を4月1日からCATVサービス「J:COM TV デジタル」の基本チャンネルで放送すると発表した。

 J:COMはすでにHDチャンネルとしてオプションチャンネル「スター・チャンネル ハイビジョン」、ドキュメンタリー専門チャンネル「ディスカバリーHD」、ライフスタイル・エンターテインメント専門チャンネル「FOXライフHD」、映画専門チャンネル「ムービープラスHD」の4チャンネルを放送。「LaLa HD」は5番目のHDチャンネルとなる。

 「LaLa TV」は2000年9月に開始した女性向け総合エンターテインメント・チャンネルで、海外の人気ドラマや海外のライフスタイル番組、女性の暮らしを彩るライフスタイル番組などを放送している。4月以降はHD放送開始に合わせて、米国の大ヒットドラマ「クローザー」をはじめ、韓国ドラマ、料理番組、紀行番組などを放送する予定。

 「J:COM TV デジタル」は地上、BS、CS、ラジオ、データ放送など、100チャンネル以上を視聴できるCATVサービス。EPG(電子番組表)、ビデオオンデマンドサービス「J:COM オンデマンド」、ペイ・パー・ビュー、双方向情報サービス「インタラクTV」も利用できる。月額料金は5229円。