ソニーは2月14日、ISO1000の高感度撮影に対応したコンパクトデジタルカメラ「サイバーショット DSC-W35」を3月9日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は2万3000円前後の見込み。カラーはシルバーのみ。

 有効720万画素の1/2.5型Super HAD CCDと光学3倍ズームの独カールツァイス製「バリオ・テッサー」レンズを搭載。CCDからの画像データを忠実に再現する、独自の画像処理エンジン「リアル・イメージング・プロセッサー」との組み合わせでノイズを最小限に抑え、鮮明に記録する。

 光の感度を上げて、高速シャッターでブレを抑える高感度撮影機能も備えており、通常オート撮影では最高ISO320、撮影シーンに応じて感度を自動調節する「高感度モード」では、最高ISO1000まで対応。手ブレや被写体ブレを抑え、夜景や暗い室内でもフラッシュなしで背景まで綺麗に撮影できる。

 このほか、選択した撮影モードの説明を液晶画面に表示する「機能ガイド」、撮影中にボタンを押すだけで再生モードに切り替えられる「ダイレクト再生ボタン」、「写真の明るさ調整ボタン」などを搭載し、初心者でも簡単に使えるようにした。

 記録媒体はメモリースティック Duo、メモリースティックPRO Duoで、56MBのメモリも内蔵する。電源は充電式バッテリーを採用し、1回の充電で約380枚の長時間撮影が可能。本体サイズは幅89.8×高さ59.1×奥行き22.9mm、重さは約118g。