ソニーマーケティングは2月14日、AV機器が故障しているかどうかをユーザーが診断できるサイト「Web故障診断」をオープンしたと発表した。対象機種は液晶・プラズマ・ブラウン管テレビなどカラーテレビ約750機種と、HDD内蔵DVDレコーダー約40機種。対応機種は順次拡大する予定。

 ソニーマーケティングは2月14日、AV機器が故障しているかどうかをユーザーが診断できるサイト「Web故障診断」をオープンしたと発表した。対象機種は液晶・プラズマ・ブラウン管テレビなどカラーテレビ約750機種と、HDD内蔵DVDレコーダー約40機種。対応機種は順次拡大する予定。

 修理サービス窓口などに出向くことなく、「Web故障診断」のサイトでテレビやDVDレコーダーの故障診断が行えるサービス。製品を選択し、いくつかの簡単な設問に答えるだけで、製品が故障して修理が必要か、あるいは製品の設定や操作の誤りによるものかを判定することが可能。症状を直接入力することもできる。

 修理が必要と診断された場合には、修理料金や修理期間の目安を確認でき、持ち込み修理の予約申し込み(借受付)ができる。故障診断の履歴が登録されているので、仮受付後に修理受付店舗や修理サービス窓口に製品を預ける場合も手続きの簡素化が図れる。直接、出張修理サービスの申し込みを行うこともできる。

 故障と診断されず、製品の設定や操作の誤りなどの可能性がある場合は、調整方法や操作方法など問題解決のための簡単なアドバイスを表示する。多機能なデジタル家電で問題となる「故障」「設定違い」などをユーザー自身で判断できるだけでなく、問題解決のためのアドバイスをすることで、ユーザーの満足度向上を狙う。

 Web故障診断サービスは毎日朝5時から深夜2時まで提供する。ただし、毎週月曜日は定期メンテナンスのため、朝8時30分から翌日深夜2時までの稼動となる。