マイクロソフトは2月14日、ワイヤレスキーボードとワイヤレスマウスのセット「Microsoft Wireless Entertainment Desktop 7000」、同社初のマイク付きヘッドセット「Microsoft LifeChat ZX-6000」、有線の光学式マウス「Microsoft Compact Optical Mouse」の追加モデルの計5製品を3月2日に発売すると発表した。税別価格は「Entertainment Desktop 7000」が1万8800円、「ZX-6000」が6200

 マイクロソフトは2月14日、ワイヤレスキーボードとワイヤレスマウスのセット「Microsoft Wireless Entertainment Desktop 7000」、同社初のマイク付きヘッドセット「Microsoft LifeChat ZX-6000」、有線の光学式マウス「Microsoft Compact Optical Mouse」の追加モデルの計5製品を3月2日に発売すると発表した。税別価格は「Entertainment Desktop 7000」が1万8800円、「ZX-6000」が6200円、「Compact Optical Mouse」が各1900円。

 「Entertainment Desktop 7000」は、通信方式に2.4GHz Bluetoothを採用したワイヤレスキーボードと、ワイヤレスレーザーマウスのセット。PCに付属のBluetoothトランシーバーを接続して使用する。トランシーバーの送受信範囲は半径10m。

 キーボードには、マウスと同様の操作ができる左右のクリックボタンとナビゲーションパッドを搭載。キーボードだけですべての操作を行うことができる。Windows Vistaと連動し、ワンプッシュでガジェットを起動できるショートカットキーやMedia Centerボタンなども装備する。一方、マウスは、スクロールホイールを含む5つのボタンを装備。電源は充電式で、1回の充電で最大約4週間使用できるという。分解能は1000dpi。

 「ZX-6000」は、同社のメッセンジャーソフト「Windows Liveメッセンジャー」に最適化したマイク付きワイヤレスヘッドセット。片耳装着タイプで、左右どちらの耳にもフィットする。通信方式は2.4GHz無線を採用し、半径最大約10mの範囲で利用可能。

 マイク部は、外側から入ってくる雑音を軽減するノイズキャンセル機能を搭載。また、ヘッドセット上部に「Windows Live Call ボタン」を装備しており、同ボタンを押すだけで、すぐに音声通話を開始できるほか、音楽再生中に電話が入った場合、簡単に音声通話に切り替えることができる。

 「Compact Optical Mouse」は、04年1月に発売した3ボタンの光学式マウス「Compact Optical Mouse シリーズ」のカラーバリエーションモデル。新たにシルバー、ライトブルー、オレンジの3色を追加した。仕様は従来モデルと同じ。