オリンパスイメージング(大久保雅治社長)は2月14日、光学18倍の高倍率ズームレンズを搭載したコンパクトデジタルカメラ「CAMEDIA SP-550UZ」を3月初旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は5万5000円前後の見込み。

 オリンパスイメージング(大久保雅治社長)は2月14日、光学18倍の高倍率ズームレンズを搭載したコンパクトデジタルカメラ「CAMEDIA SP-550UZ」を3月初旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は5万5000円前後の見込み。

 35mmフィルムカメラ換算で焦点距離28-504mmの光学18倍ズームレンズを搭載。11群14枚からなるレンズの1群目(最前部)のレンズを動かすマルチバリエーター構成によって、コンパクトデジタルカメラとして世界初の光学18倍ズームを実現した。撮影可能な領域は「標準、マクロ、望遠ズーム、超望遠ズームと、デジタル一眼レフカメラの交換レンズ4本分に相当する」(同社広報)という。

 光学ズームと画像切り出しを組み合わせるズーム方式「ファインズーム」を使用すれば光学27倍(756mm相当)、デジタルズームを併用すれば最大100倍(2800mm相当)の望遠撮影も可能。被写体に1cmまで寄ったマクロ撮影や手ぶれ補正にも対応する。

 手ぶれ、被写体ぶれ対策としては、CCDシフト式手ぶれ補正機構と、「ブライトキャプチャー」機能による最大ISO1600の高感度撮影機能を搭載。薄暗い場所でもぶれを抑えて撮影できる。独自の画像処理エンジン「TruePic TURBO」によって、高感度撮影で発生しがちなノイズも軽減する。このほか、最長22.7m先の被写体まで届く内蔵フラッシュ、新開発の高速駆動CCDによる秒間15枚の高速連写機能、シャッターボタンを半押した状態で、押し切る前の5コマ分の画像を記録する「プリキャプチャー機能」などを備える。

 CCDは有効画素数710万画素。23万画素の2.5型液晶モニターのほか、23万画素の相当の電子ビューファインダーも装備する。本体サイズは幅116×高さ78.5×奥行き78mm、重さは365g。記録媒体はxD-ピクチャーカードで、約20MBのメモリも内蔵。電源は単3形乾電池4本。