キヤノンは、コンパクトデジタルカメラ「PowerShot A シリーズ」で、有効710万画素CCD搭載の「PowerShot A550」、有効500万画素の「PowerShot A460」を3月上旬に発売する。価格はともにオープン。実勢価格は「A550」が2万3000円前後、「A460」は1万8000円前後の見込み。

 キヤノンは、コンパクトデジタルカメラ「PowerShot A シリーズ」で、有効710万画素CCD搭載の「PowerShot A550」、有効500万画素の「PowerShot A460」を3月上旬に発売する。価格はともにオープン。実勢価格は「A550」が2万3000円前後、「A460」は1万8000円前後の見込み。

 「A550」は「A530」の後継機種で、CCDの有効画素数を500万から710万に増やしたほか、モニターも1.8型から2.0型液晶に大型化した。35ミリフィルムカメラ換算で、35-140mmの沈胴式光学4倍ズームレンズ、高速・高画質の画像処理回路「DIGIC II」を搭載する。

 被写体の明るさにあわせ、最高でISO800まで自動的に感度を上げて、手ブレ・被写体ブレを抑える「高感度オート」を装備。レンズのF値を小さくし、速いシャッタースピードを得ることで手ブレや被写体ブレを抑えながらズーム撮影ができる「デジタルテレコン」、設定した記録画素数を落とさない領域まで一時停止することなくデジタルズームが可能な「セーフティズーム」も搭載する。

 操作面では大型のモードボタンを採用し、ユーザーの使用頻度が高い夜景や室内などの撮影モードが簡単に設定できるようにして使い勝手を高めた。記録媒体にはSDメモリカード、SDHCメモリーカード、マルチメディアカードを使用する。

 電源には単3形アルカリ電池または単3形ニッケル水素電池×2本で、液晶モニター使用の場合で約140枚の撮影が可能。サイズは幅91.2×高さ64×奥行き43.1 mm、本体のみの重さは約160g。

 一方、「A460」は、「A430」の後継モデルとなる低価格の入門機で、CCDの有効画素数を400万から500万に引き上げたほか、モニターも1.8型から2.0型液晶に大型化を図った。画像処理回路には「DIGIC II」、レンズは35ミリフィルムカメラ換算で38-152mmの沈胴式光学4倍ズームを装備する。

 機能面では撮影した画像に特殊効果を付けて連続再生できる「スライドショー」、最短1cmの接写が可能な「スーパーマクロ撮影」、撮影状況によって「ポートレート」や「夜景」など、8種類の設定を選択できる「スペシャルシーンモード」などを搭載した。記録媒体はSDメモリカード、SDHCメモリーカード、マルチメディアカード。

 電源は単3形アルカリ電池または単3形ニッケル水素電池×2本。液晶モニター使用の場合では約120枚の撮影が可能。サイズは幅106×高さ51.8×奥行き40.2mm、本体のみの重さは約165g。