アドビシステムズ(ギャレット・イルグ社長)は2月6日、ビデオ編集ソフト「Adobe DV Rack HD 2(Windows版)」と、合成画像作成ソフト「Adobe Ultra 2(Windows版)」の英語版を2月中旬に発売すると発表した。

 アドビシステムズ(ギャレット・イルグ社長)は2月6日、ビデオ編集ソフト「Adobe DV Rack HD 2(Windows版)」と、合成画像作成ソフト「Adobe Ultra 2(Windows版)」の英語版を2月中旬に発売すると発表した。

 どちらも06年に米アドビシステムズが買収したSerious Magic社の製品で、アドビブランドで展開するビデオ編集ソフト群に追加することで、ラインアップの拡充を図る。

 「Adobe DV Rack HD 2」は、デジタルビデオカメラで撮影した映像をPC上でモニタリングしながらHDDに直接記録できる、ダイレクトディスクレコーディング・モニタリングソフト。SD、HDV、HDに対応し、撮影したその場でクリップをレビューできるため、面倒な取り込み作業時間を節約できる。

 プロフェッショナルフィールドモニタでは、カラー、明るさ、コントラストなどを精密に表示でき、照明の不具合の確認や、シーンの色や明るさに一貫性を持たせた撮影、取り込みが可能。音声を分析したりクリップを比較したりしながら適正なフッテージを得るためのツールも搭載し、市販されている多くのNLEシステムやカメラに対応する。

 「Adobe Ultra 2」は、簡単に高品位なDV/HD/HDVクロマキー合成ができるソフト。クロマキー合成はこれまで操作が複雑で費用が高額となるため、特殊効果の不足を補う場合や予算が大きなプロジェクトでしか使用されなかったが、同ソフトを使うと、短時間で効果的に処理できる。「バーチャルシャドウ」や「プラス90モード」など、新しいキーイング機能も搭載。さらに、別売りのバーチャルセット「Master Set Libraryシリーズ」を組み合わせることで、撮影場所を選ばずにさまざまなシーンを実現できる。

 価格はともに通常版が4万8000円、アップグレード版、アカデミック版が各2万8000円。なお、直販サイトの「アドビストア」やアドビ製品取り扱い店では、これら2ソフトと「Adobe Creative Suite Production Studio」など指定のソフトを同時購入すると、2万円値引きするキャンペーンを5月8日まで実施する。