三洋電機(三洋、井植敏雅社長)は2月7日、世界最小・最軽量でハイビジョンの動画と約710万画素の静止画を1台で撮影できる「Xacti(ザクティ) DMX-HD2」を3月中旬に発売すると発表した。価格はオープン。実勢価格は9万円前後の見込み。カラーはブラック。

 三洋電機(三洋、井植敏雅社長)は2月7日、世界最小・最軽量でハイビジョンの動画と約710万画素の静止画を1台で撮影できる「Xacti(ザクティ) DMX-HD2」を3月中旬に発売すると発表した。価格はオープン。実勢価格は9万円前後の見込み。カラーはブラック。

 シリーズで搭載する高速画像処理エンジンを進化させた「プラチナエンジンII」を搭載。従来機種に比べノイズリダクション機能を強化し、部屋の中など暗い場所でも写真や動画がスムーズに撮影できるようになった。より簡単に高感度撮影ができる「High Sensitivity」ボタンも新たに装備する。

 また、付属のドッキングステーションに、新たにHDMI端子を装備。ケーブル1本でテレビなどと接続することで、ハイビジョン画質のまま楽しめる。また付属のS-AVケーブルを使ってHDD-DVDレコーダーに動画を直接保存が可能。ハイビジョン動画はHD-HQモードで約2時間50分記録できる。さらに、従来機に比べ、バッテリーでの連続使用時間を約13%延長したほか、静止画撮影時の画素数も約710万画素に拡大するなどの改良も行った。

 大きさは幅80×高さ119×奥行き36mm、重さは約210gと世界最小・最軽量サイズを従来モデルからそのまま継承。記録媒体はSDカードと大容量タイプのSDHCメモリーカードに対応。ズームは光学10倍・デジタル10倍でモニタは2.2型液晶を備える。電源はリチウムイオン電池。