ケンウッドは2月6日、USBを使ってPCや携帯オーディオの音楽ファイルを高音質で再生できるオーディオコンポ「NDL-100」「NDL-100MD」を3月上旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格はともに4万5000円前後の見込み。

 ケンウッドは2月6日、USBを使ってPCや携帯オーディオの音楽ファイルを高音質で再生できるオーディオコンポ「NDL-100」「NDL-100MD」を3月上旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格はともに4万5000円前後の見込み。

 「NDLシリーズ」はAM・FMチューナーを搭載したCDコンポ。「NDL-100MD」はMDも搭載する。背面にはPCと接続できる「USBオーディオ端子」を装備。PCに保存する音楽ファイルをUSB経由でコンポに伝送し、音質劣化の少ない高音質なサウンドを出力することができる。

 本体前面には、携帯オーディオやUSBメモリと接続し、MP3形式の音楽ファイルを高音質再生できる「オーディオ入力端子」を備える。付属のリモコンで、端子に接続した携帯オーディオやUSBメモリの再生や選曲などの操作も可能。

 また、ダイレクトエンコード機能付きの携帯オーディオにCDから直接録音できる「録音出力端子」を搭載。録音出力はアナログで、録音出力レベルは3段階で調節できる。さらに、音楽再生対応の携帯電話、ポータブルDVDなどと接続可能な「オーディオ入力端子」も装備した。

 音質面では、CDに記録されている音楽情報をサンプリングし、最適なイコライジングを自動設定する「ベストフィットEQ」、CDや携帯オーディオの音楽ファイルの音質を自由に調整できる「デジタル・サウンド・コントロール」、音楽のジャンルに合わせて音質を調整できる「EQ EFFECT」などを搭載する。

 また、CDコンポ「NDL-100」は、幅130×高さ215×奥行き219mmのスリムでオシャレなスピーカーを採用し、ノートPCなどと組み合わせやすくした。CD・MDコンポ「NDL-100MD」は、シルバーとホワイトの2モデルをラインアップ。スピーカーは幅140×高さ275×奥行き140mmの従来タイプとなっている。実用最大出力は「NDL-100」が13W+13W、「NDL-100MD」が15W+15W。