クレオ(土屋淳一社長)は2月6日、ウェディングペーパーアイテム作成ソフト「筆まめBridal2」と、個人向けDTPソフト「パーソナル編集長Ver.7」を3月2日に発売すると発表した。価格は、「筆まめBridal2」が7980円、「パーソナル編集長Ver.7」が1万7640円。

 「筆まめBridal2」は、同社のはがき・住所録ソフト「筆まめVer.17」に、ブライダル素材のCD-ROMを同梱したもの。結婚式・披露宴のペーパーアイテムや、「結婚報告はがき」や「引越し報告はがき」などの挨拶状を作成できる。
 素材は、招待状、席次表、式次第などの各種アイテムをトータルコーディネートできる50種類のテンプレートや、ブライダル用イラストなどを多数収録。また新たに、全国有名ホテルが使用するブライダル用紙メーカーを含めた7社620種類以上の用紙に対応。それぞれの用紙サイズに合うテンプレートも収録した。このほか、ユーザー登録を行うと、今秋発売予定の「筆まめ」から機能を厳選した「筆まめSelect2008」を無償でダウンロードすることができる。

 「パーソナル編集長Ver.7」は、新聞や小冊子、チラシなどの印刷データを簡単に作成できるDTPソフト。最新版では、機関紙のプロが制作した本格的な新聞テンプレートを収録したほか、スポーツ新聞などでよく使われる三重袋文字の加工機能、PDF出力機能などを搭載した。新聞テンプレートを利用すると、文字や画像を入れていくだけで読みやすい新聞が作成できる。

 また、起動時にはオープニングメニューを表示させ、目的の制作物に適したテンプレートを選びやすくした。印刷に耐える高品質なイラスト3985点、新聞や一般誌で使われている「イワタ新聞明朝体」を含む計16書体のフォントも収録する。対応OSはともにWindows Vista、XP、2000、Me、98。