ソニーは2月6日、CDに迫る高音質録音を実現したICレコーダー「ICD-SX77」と「ICD-SX67」を3月16日に発売すると発表した。価格はオープン。実勢価格は内蔵メモリ1GBの「ICD-SX77」が2万5000円前後、512MBの「ICD-SX67」が2万円前後の見込み。

 ソニーは2月6日、CDに迫る高音質録音を実現したICレコーダー「ICD-SX77」と「ICD-SX67」を3月16日に発売すると発表した。価格はオープン。実勢価格は内蔵メモリ1GBの「ICD-SX77」が2万5000円前後、512MBの「ICD-SX67」が2万円前後の見込み。

 新たに開発した「ステレオハイクオリティー(STHQ)モード」を搭載し、80-20000Hzの広帯域にわたる高音質録音に対応する。また、直径10ミリと大口径で高感度のマイクを左右に配置することで集音効果を向上させ自然なステレオ録音を実現。会議などビジネスシーンだけでなく、楽器演奏でも臨場感ある録音ができる。

 さらに、マイクの指向性を切り替えることも可能。スイッチをオンにすると、単一指向性マイクとして作動し、マイクを向けた方向の音を集中的に録音する。スイッチをオフにすると、左右の音を拾って臨場感あるステレオ録音ができる。録音レベルの設定は、自動設定だけでなくマニュアル設定にも対応。録音レベルメーターを確認しながら録音レベルの調節できる。

 タイトルやメニューは漢字表示が可能。暗い場所での操作に便利なバックライト付き大型液晶ディスプレイを搭載する。いずれも大きさは幅30.8×高さ119.3×奥行き14.9mm。電池を含む重さは約70gで単4形ニッケル水素充電池を付属する。付属のUSBケーブルでPCに接続して充電することもできる。設置面からのノイズを低減する専用スタンドも同梱する。