オンキヨーは2月6日、USBキーボード「KB?1」を2月中旬に、ワイヤレスキーボードとワイヤレスマウスのセット「KM?1W」を3月下旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は「KB?1」が7000-8000円、「KM?1W」が1万2000-1万3000円の見込み。

 同社が販売するHDオーディオコンピュータ「HDC?1.0」とデザインの統一感をもたせたのが特徴。いずれのキーボードも薄型パンタブラフ方式を採用し、適度なストロークと軽いキータッチを実現した。対応OSはWindows Vista、XP、2000、Me。

 「KB?1」は、フレームにヘアライン加工を施したアルミ無垢材を使用。標準キーのほかにインターネットやメールなどの動作を1つのボタンで行える7種類のホットキーを装備する。また「Num Lock」「Caps Lock」表示にはブルーLEDを採用した。本体サイズは幅425×奥行き203×高さ26mm、重さは1245g。本体カラーはシルバーとブラックの2色。

 「KM?1W」は、ヘアライン加工を施したアルミパネルをフレーム部に採用する2.4GHz帯のワイヤレスキーボードと、分解能800dpiのワイヤレスレーザーマウスのセット。標準キーのほかに18種類のホットキーを装備するキーボードは、サイズが幅429×奥行き160.5×高さ25mm、重さは620g。マウスは幅55.6×奥行き105×高さ35.1mm、重さは81g。カラーはシルバーのみ。