エレコム(葉田順治社長)は2月1日、130万画素のCMOSセンサーを搭載した「Skype」対応ウェブカメラ「UCAM-E130SHシリーズ」を2月中旬に発売すると発表した。価格は6930円。カラーはシルバーとホワイト。

 1/3インチ130万画素CMOSセンサーを搭載し、最大解像度は1280×1024ピクセル。19型液晶ディスプレイの標準解像度と同等の表示能力を持つので、アプリケーション画面を最大化した状態でも映像が粗くならない。また、付属ソフトで190万画素相当の表示も可能。画質調節機能も備える。

 スタンドは、水平面での設置と液晶ディスプレイの枠に引っかけることができる2ウェイタイプ。スタンドを固定したままカメラの角度を調整できる。フォーカスの調整やスチルシャッターを使った静止画撮影も可能。また、イヤホンマイクを付属し、購入してすぐにテレビ電話を楽しむことができる。

 同シリーズは日本国内向けだが、他言語対応のインストーラーと各種メッセンジャーソフトの使い方を解説した他言語マニュアルも付属する。対応言語は英語・中国語(繁体/簡体)・韓国語・スペイン語・ポルトガル語で、日本在住の外国人でも利用できる。

 電源はUSBバスパワー。大きさは約幅62×奥行94×高さ81mm、重さは90.2g。ケーブルの長さは1.8m。対応OSはWindows XP/2000。今後はVistaにも対応する予定。

 このほか、一般回線の電話や携帯電話への通話が可能なサービス「SkypeOut」を約40分間無料で体験できるクーポン券と、「Skype使い方ガイド」を付属する。