ターボリナックス(矢野広一社長)は1月31日、手のひらサイズの小型PC「wizpy(ウイズピー)」を、同社のオンラインショップで2月23日から発売すると発表した。量販店などでは3月9日から販売する。カラーはソリッドホワイトとソリッドブラック。

 サイズが幅84×奥行き42×高さ12mm、重さが60gの小型PC。1.71インチ25万6000色常時のOLEDディスプレイを備え、OSに「Turbolinux」を搭載する。PCとUSBで接続して使用し、接続したPCのCPUなどのハードウェア環境を使ってソフトやデータの操作ができる。

 音楽ファイルはOGG、MP3、AACに対応し、携帯オーディオとしても利用できる。FMラジオチューナーとマイクも内蔵するので、ラジオ番組や音声をMP3ファイルで録音できる。フラッシュメモリ容量と価格は、「wizpy 2G ホワイト」が1GBで2万9800円。「wizpy 4G ホワイト」と「wizpy 4G ブラック」が3GBで3万3800円。

 背面にターボリナックスのロゴを入れた「wizpy 2G ホワイト」「wizpy 4G ホワイト」の限定モデルの予約販売も1月31日に開始した。受付は2月23日まで。価格は通常モデルと同様。

 また、「wizpy」ユーザー対象のネットワークサービス「wizpy Club」を2月23日から開始する。オンライン上にあるデータ領域を利用できるネットストレージやSNS、セキュリティやソフトウェアの更新などのサービスが利用できる。料金は初年度が無料で、その後有料で更新する。2年目以降の料金は利用するサービスによって異なるが、年間で4800円からを想定している。