ソニーは1月31日、デジタル一眼レフカメラ「α100」とズームレンズ「DT 18-200mm F3.5-6.3(SAL18200)」を組み合わせた高倍率ズームレンズキット「DSLR-A100H」を2月16日に発売すると発表した。価格はオープン。実勢価格は13万円前後の見込み。

 ソニーは1月31日、デジタル一眼レフカメラ「α100」とズームレンズ「DT 18-200mm F3.5-6.3(SAL18200)」を組み合わせた高倍率ズームレンズキット「DSLR-A100H」を2月16日に発売すると発表した。価格はオープン。実勢価格は13万円前後の見込み。

 「DT 18-200mm F3.5-6.3」は、35ミリフィルムカメラ換算で、広角側が27mmから望遠側は300mmまでの幅広い焦点距離をカバーするAPS-Cフォーマットの高倍率ズームレンズ。最大撮影倍率0.27倍のマクロ撮影にも対応する。

 「α100」は、内蔵型の「CCDシフト方式手ブレ補正機能」で、カメラ側で手ブレを補正するため、「DT 18-200mm F3.5-6.3」をはじめとする「ソニーαレンズ」に加え、「αマウント」を採用するコニカミノルタやミノルタ製の交換レンズすべてで手ブレ補正を行うことができる。

 同時に、記録媒体にコンパクトフラッシュを使うデジタル一眼レフカメラや、PCなどで利用できる、高速コンパクトフラッシュを3月9日に発売すると発表した。

 ラインアップは、読み出し・書き込みが133倍速の「NCFC」と読み出しが66倍速の「NCFB」の2種類。価格はともにオープン。実勢価格は「NCFC」で容量が2GBのタイプが2万3000円前後、4GBが4万3000円前後。「NCFB」は1GBタイプが9500円前後、2GBが1万5000円前後、4GBは2万6000円前後の見込み。