カシオ計算機は1月30日、薄型で高倍率のズームレンズを備えたコンパクトデジタルカメラ「EXILIM(エクシリム) Hi-ZOOM」シリーズ第1弾として、光学7倍ズームの「EX-V7」を2月23日から順次発売すると発表した。カラーはシルバーとブラック。価格はオープン。実勢価格は5万円台前半になる見通し。

 カシオ計算機は1月30日、薄型で高倍率のズームレンズを備えたコンパクトデジタルカメラ「EXILIM(エクシリム) Hi-ZOOM」シリーズ第1弾として、光学7倍ズームの「EX-V7」を2月23日から順次発売すると発表した。カラーはシルバーとブラック。価格はオープン。実勢価格は5万円台前半になる見通し。

 サイズが幅95.5×高さ59.8×厚さ25.5mm、重さが約149gの本体に、35ミリフィルムカメラ換算で約38-266mmの光学7倍ズームレンズを搭載。光学7倍ズーム以上のデジタルカメラでは世界最薄ボディを実現した。CCDは有効720万画素。動体解析技術を搭載した新設計の画像処理回路「EXILIMエンジン2.0」や、動く被写体を追いかけてピントを合わせ続けるAF(オートフォーカス)機能「自動追尾AF」も搭載する。

 撮影時にCDDが動いて手ブレを抑えるCCDシフト方式の手ブレ補正機能を新たに採用したほか、動く被写体の速度や方向をカメラが解析してISO感度とシャッタースピードを最適に制御することで被写体ブレを抑える機能、高感度と高速シャッターを組み合わせて手ブレ、被写体ブレを軽減する「アンチシェイクDSP」など、手ブレ、被写体ブレを低減する機能も充実させた。動画はH.264方式で長時間の撮影が可能で、光学ズームや手ブレ補正も利用できる。

 同時に、光学3倍ズームの初心者向けコンパクトデジタルカメラ「EX-Z75」を4月中旬に発売すると発表した。カラーはシルバー、ピンク、ブルーの3色。価格はオープン。実勢価格は3万円前後の見込み。

 有効720万画素のCCDと35ミリフィルムカメラ換算で約38-114mmの光学3倍ズームレンズを搭載。初心者でも撮影がスムーズに行えるように撮影設定の情報表示を工夫し、2.6インチワイドカラー液晶ディスプレイの右側だけに表示して、被写体を隠さないようにした。フラッシュ、セルフタイマー、画像サイズの3項目に絞り込んで表示する「easyモード」も装備する。サイズは幅95.4×高さ60.6×厚さ19.6mm、重さは約122g。