NTTドコモは1月30日、第3世代(3G)携帯電話「FOMA 703iシリーズ」として発表していた、三菱電機製「D703i」、富士通製「F703i」、パナソニック モバイルコミュニケーションズ製「P703i」の3端末を2月2日に発売すると発表した。

 NTTドコモは1月30日、第3世代(3G)携帯電話「FOMA 703iシリーズ」として発表していた、三菱電機製「D703i」、富士通製「F703i」、パナソニック モバイルコミュニケーションズ製「P703i」の3端末を2月2日に発売すると発表した。

 「D703i」は、ストレート型では国内最薄9.9mmの薄型端末。前モデル「D702」から「キーイルミネーション」を強化しており、27種類の点灯パターンでイルミネーションが光る。待ち受け画面やメニュー画面などの設定をボタン1つで切り替えることも可能。また、専用のキーで、どんな操作中でもキーロックが可能な「いつでもキーロック」、待ち受け画面のまま、一定の時間が経過すると自動的にプロテクトキーが起動する「タイマープロテクトキー」を搭載し、プライバシーモードの設定範囲を画面メモやブックマーク、マイドキュメントなどに拡張するなど、セキュリティ機能も充実させた。

 メインディスプレイは2.4インチのQVGA液晶で、カメラは有効130万画素のCMOS。本体サイズは高さ130×幅49mm×厚さ9.9mm、重さは83g。連続待ち受け時間は静止時が約400時間、移動時で約290時間。連続通話時間は約120分。カラーはブライトレッド、フローズンホワイト、カーボンブラック。

 「F703i」は、1mの水深に30分放置しても浸水しない高い防水性能が特徴。また、3つのLED(発光ダイオード)を使い、点灯が浮き上がって見える表示で時刻や着信を知らせる「フローティングサイン」を背面パネルに装備する。WMA対応の音楽再生機能も備えており、ナップスタ―の音楽配信サービス「NapsterTM To Go」にも対応する。

 サイズは高さ100×幅48×厚さ17.9mm、重さは109g。連続待ち受け時間は静止時が約420時間、移動時で約300時間。連続通話時間は約145分。カラーはスノーホワイト、ブロッサムピンク、ランプブラック。

 「P703i」は、爪の長い女性でも押しやすい立体状の大型キー「Wave TileKey」を搭載した端末。キーはホワイトのバックライトでイルミネーションのように光る。「デコメール」の絵文字をジャンル別に分類して表示したり、文字の変換辞書で一度に複数の変換候補を表示できるようにするなど、メール機能の使いやすさを追求。辞書サイズも従来の1.5倍の4.5MBに拡大した。

 サイズは高さ99×幅49×厚さ21mm、重さは109g。連続待ち受け時間は静止時が約640時間、移動時は約420時間。連続通話時間は約190分。カラーはラメグラホワイト、ヘアラインブラック、ウェービーブルー。

 このほか、「F703i」と「P703i」はメインディスプレイに約2.2インチのQVGA液晶を採用。有効130万画素と約11万画素のCMOSカメラも搭載する。