ベンキュージャパン(マーティン・モーレ社長)は、輝度2500ルーメンのDLPプロジェクター「BenQ MP721」を1月30日に発売した。価格はオープンで、実勢価格は13万円前後。

 ベンキュージャパン(マーティン・モーレ社長)は、輝度2500ルーメンのDLPプロジェクター「BenQ MP721」を1月30日に発売した。価格はオープンで、実勢価格は13万円前後。

 1月19日に発売した輝度2100ルーメンのエントリーモデル「BenQ MP721c」の上位機種で、同価格帯のプロジェクターでは最高レベルの2500ルーメンの高輝度を実現した。蛍光灯をつけている部屋の中でも、明るくメリハリのある画像を映し出すことができる。コントラスト比は2000:1。画素数はXGA(1024×768)で、VGA(640X480)からSXGA(1280X1024)まで対応する。

 「BenQ MP721c」同様、従来のDLPプロジェクターでは難しかったパステルカラーの色も忠実に再現できる、独自の5色カラーホイールによるカラーマッチング技術を搭載。このほか、本体を従来の3分の1の時間で冷却できる「クイッククーリング機能」、電源を入れた時や電源を切った後、クーリングが終了した時にメロディーで知らせる「電源オン/オフ通知メロディー機能」、タイマー設定することで、画面上に経過時間や残り時間を表示できる「プレゼンテーションタイマー機能」などを装備する。

 表示モードは、プレゼンテーション用に「ダイナミック(最も明るい)」「プレゼンテーション」「sRGB」「シネマ」「ブラックボード」の5モード、ホームシアター用途に「ダイナミック」「シネマ」「スタンダード」「ブラックボード」の4モードの計9つのプリセットモードを用意。「ブラックボードモード」では、通常の投写では暗くなってしまいがちな黒板などの暗いスクリーンでも、メリハリのきいた色を再現できる。

 入力端子はミニD-sub15ピン、DVI-I端子、Sビデオ端子などを装備する。大きさは278×100×220mm、重さは約2.7kg。カラーはポリッシュネイビー。