アドビシステムズ(ギャレット・イルグ社長)は1月30日、プロ写真家向けデジタル写真処理・管理ソフト「Adobe Photoshop Lightroom 日本語版」を3月23日に発売すると発表した。直販サイト「アドビストア」では予約も受け付けている。

 デジタル画像の読み込みから管理、現像、公開まで、撮影後のデジタルフォト処理をすべて盛り込み、1つのソフト上で大量のデジタル写真の選択や管理が効率的に行えるという。140種類以上のRAWフォーマットに対応し、RAW現像を1つのワークフローとして組み込んでいる。

 今回の製品版では、β版として公開していた「パブリックベータ4.1」からさらなる機能強化を実施。スライドショー、プリント、Webのモジュールを改良すると同時に、それらを補完するライブラリモジュールと現像モジュールも大きく変更した。

 ライブラリモジュールでは、検索パネルを使って写真を選び出せるほか、ファイル名の変更、フォルダへの配置先、現像設定などを自動的に行うことができる。新しく追加したメタデータブラウザでは、カラーラベルやレーティングを使用して写真を選別することで、写真を速く並べかえたり、探したりできる。また、現像モジュールでは、一連の編集作業をヒストリーパネルで記録し、スナップショットパネルで写真の編集状態を保存できるため、簡単に各写真の異なるバージョンを表示し、最適な画像を選ぶことができる。

 このほか、写真の色温度、露光量、トーンカーブ、ごみの除去などを、簡単・正確にコントロールすることが可能。修正は、メタデータによる指示セットとして保存するため、オリジナルのデータを変更することなく、非破壊画像処理ができる。

 ソフトはWindows、Macintoshの両方に対応するハイブリッド版として提供する。対応OSはWindows XPとMac OS X v.10.4。価格は、通常版が3万3600円、ダウンロード版が3万2000円、アカデミック版が1万1340円。なお、アドビストアでは、提供開始キャンペーンとして、7月5日までは、通常版を2万3100円、ダウンロード版を2万2000円のキャンペーン価格で販売する。