ピー・アール(渡辺陸王代表取締役)は、携帯電話やパソコンを使って簡単に歯科や美容院を予約できるシステム「ポケットリザーバー」を1月下旬に発売すると発表した。利用者は、空メールを送るだけで予約の空き状況を確認できるのが特徴。パソコン・携帯電話の両方から操作できる「通常プラン」と、1日33円の低価格で運用できる携帯電話専用の「ライトプラン」の2プランがある。

 ピー・アール(渡辺陸王代表取締役)は、携帯電話やパソコンを使って簡単に歯科や美容院を予約できるシステム「ポケットリザーバー」を1月下旬に発売すると発表した。利用者は、空メールを送るだけで予約の空き状況を確認できるのが特徴。パソコン・携帯電話の両方から操作できる「通常プラン」と、1日33円の低価格で運用できる携帯電話専用の「ライトプラン」の2プランがある。

 サービスラインアップは、歯科医院向けの「デンタルリザーバー」、エステサロン向けの「エステティックリザーバー」、美容院向けの「ビューティーリザーバー」の3種類。それぞれ業態にあわせてカスタマイズを行った。

 同システムを導入すると、ユーザーは店舗・医院のサイトにアクセスしなくても、QRコードまたは空メールの送信で簡単に空き状況を確認でき、24時間いつでも予約できる。サイトにアクセスすれば、細かく期間を指定して検索する「空き時間ナビ」や、一番近い空き時間を表示する「今から予約」といった高度な検索も可能。キャンセルも24時間対応できる。

 一方、店舗側にとっても、予約の確認忘れの防止や休日、外出中の予約確認、複数スタッフ間での予約状況の共有などが可能なため、管理業務の効率化を図ることができる。予約前日に「お待ちしております」と記載したメールを自動的に配信する機能や、ユーザーとのコミュニケーションを密接にするブログ機能も搭載しており、予約忘れや無断キャンセルの軽減にもつながるという。

 初期費用は、通常プランのみの「デンタルリザーバー」が5万円、「エステティックリザーバー」「ビューティーリザーバー」は通常プランが1万円、ライトプランが3000円。月額費用はそれぞれ通常プランが3000円、ライトプランは999円。

 なお、「デンタルリザーバー」は、医療のIT化に係わる評価の電子加算において「インターネットを活用した電子予約を行う」の項目に該当しており、導入すると加算がある。