九十九電機(鈴木淳一社長)は、独自のPCブランド「eX.computer」のゲーマー向けフラグシップシリーズとして、デュアルソケットCPUで4コアを実現した「AMD Quad FXプラットフォーム」に対応した「EB30A FullAcceleEdition FX」を発表した。1月27日から受注を開始し、2月末から出荷する。価格は74万9800円。

 九十九電機(鈴木淳一社長)は、独自のPCブランド「eX.computer」のゲーマー向けフラグシップシリーズとして、デュアルソケットCPUで4コアを実現した「AMD Quad FXプラットフォーム」に対応した「EB30A FullAcceleEdition FX」を発表した。1月27日から受注を開始し、2月末から出荷する。価格は74万9800円。

 「AMD Athlon 64 FX-70」シリーズのCPUを搭載し、負荷の大きいマルチスレッドアプリケーションや、マルチタスク環境を多用する際のパフォーマンスアップを大幅に向上した。グラフィックシステムには4枚の「NVIDIA GeForce 7900GSグラフィックカード」をSLI構成で接続。「Windows Vista Ultimate」に対応したデュアルソケット・ダイレクトコネクト(DSDC)により、高精度なゲーム、オーディオ/ビデオ編集/HDコンテンツのストリーミングをストレスなく楽しむことができる。

 電源ユニットには、2個のメイントランスを搭載することで安定性を高めた台湾Topower社製のデュアルトランス型高出力電源を採用。メモリモジュールには、ワークステーションやハイエンドサーバー用として使われているCORSAIR社製のメモリを搭載した。熱伝導に優れた基板設計に加え、メモリモジュールの周りを4枚のフィン付きヒートシンクで覆うことで、優れた安定性を実現する。

 OSには、Windows Vistaの最上位エディション「Ultimate」64ビット版を搭載した。Ultimateユーザーだけのアプリケーションサービス「Ultimate Extras」や、セキュリティを高める「BitLocker」機能などを利用することができる。