NECは1月26日、IP電話を使ったスパム(SPIT)を撃退する世界初の防止技術「VoIP SEAL」を開発したと発表した。新技術を利用すれば、利用者同士の通信を接続する前にSIPサーバー内でSPITを検知・遮断が可能で、IP電話利用者をスパム電話から守ることができる。

 「VoIP SEAL」は人間からの電話とスパム生成ソフトを用いた電話を、対話プロセスで通話相手が人か機械かを判断する手法「チューリング・テスト」を使い、SIPサーバー上で区別。利用者同士の通信を接続する前に通話時の応答パターンから不正を検知・遮断することで、SPITを撃退できるようにした。

 モジュール構造を採用しており、個々のSPITに対応したモジュールを追加・更新することで、システム全体を変更することなく、新種のSPIT攻撃に対応が可能。また、SIPサーバー、SBC、ホームネットワーク機器、端末機器などのハードウェアに合わせたシステムのカスタマイズが容易にできる。