インテル(吉田 和正/ロビー・スウィヌン共同社長)は1月24日、IEEE802.11n(ドラフト)に準拠したノートPC向け無線LAN製品「インテル Next-Gen Wireless-N ネットワーク・コネクション」を発表した。

 インテル(吉田 和正/ロビー・スウィヌン共同社長)は1月24日、IEEE802.11n(ドラフト)に準拠したノートPC向け無線LAN製品「インテル Next-Gen Wireless-N ネットワーク・コネクション」を発表した。

 IEEE802.11nドラフトに対応することで、従来の製品に比べて最大5倍の性能、約2倍の無線接続範囲を実現したという。さらに、既存のIEEE802.11n(ドラフト)対応の無線LAN製品と比較して、バッテリー持続時間を最大1時間延長できるとしている。

 同製品はインテル製CPUを採用した「Centrino Duoモバイル・テクノロジー」搭載ノートPCなどに搭載される。すでにAcerやAsus、Gateway、東芝などの主要PCメーカーのCentrino Duoモバイル・テクノロジー搭載ノートPCに採用されており、Windows Vistaの発売にあわせて、1月末から順次出荷される予定。

 またインテルは、Asus、Belkin、バッファローなど、無線LAN製品を販売している主要メーカーと提携し、相互運用性と性能を高める「Connect with Centrino」プログラムを開始すると発表した。同プログラムでは「Next-Gen Wireless-N ネットワーク・コネクション」との動作検証を実施。検証テストに合格した製品は、パッケージに「Connect with Centrino」のマークを表示することができる。