エキサイト(山村幸広社長)は1月24日、インターネットを活用した音楽レーベル会社「エキサイト・ミュージックエンタテインメント(仮称)」を3月に設立すると発表した。新会社をテコに音楽事業を強化する。

 新会社は、インターネットを使って、海外大手インディーズレーベルの日本国内での運営、インディーズアーティストを対象とした音楽配信サイト、音楽コミュニティサイトの構築などの事業を展開。拡大している音楽配信市場を開拓する。

 同時に、サイトの運営を通じて発掘した新人アーティストのマネジメントやCD製造・販売も手がける。また、新会社が行うネットを活用したアーティスト発掘やプロモーション手法に賛同するアーティスト事務所やレーベルとの提携も検討する。

 新会社の資本金は4900万円。エキサイトが85.72%、FAEC(矢野貴志代表取締役)が10.20%、ONPOO(佐藤元代表取締役)が4.08%を出資。代表取締役には、エキサイトの冨田義博エンタテインメント事業部音楽ビジネス部長が就任する。

 エキサイトは01年に総合音楽サイト「エキサイトミュージック」を開設。アーティストブログ、大手レーベルの着うたサイト運営、ファンサイト運営、PC・携帯電話向け音楽配信サービスなど、さまざまな音楽事業を行っている。