ジャストシステムは1月23日、学習型の迷惑メールフィルターを搭載したインターネットメールソフト「Shuriken」シリーズの最新版「Shuriken 2007」を3月9日に発売すると発表した。

 ジャストシステムは1月23日、学習型の迷惑メールフィルターを搭載したインターネットメールソフト「Shuriken」シリーズの最新版「Shuriken 2007」を3月9日に発売すると発表した。

 ユーザーインターフェースを全面的に見直し、より快適に操作できるようにした。画面デザインは、新OS「Windows Vista」にあわせて一新。シルバー、ブルー、グリーンの3色に、それぞれダーク/ライトの合計6種類のカラーバリエーションから好みの配色を選べるようにしたほか、一覧画面のツールバーに標準で検索窓を配置し、メール検索時の利便性を向上させた。

 一覧画面からメールを選択しコマンドを実行するだけで、見出しや差出人、ヘッダの文字列を自動で仕分け条件に設定できる機能など、仕分け機能も強化。また、宛先を容易に確認できるよう、送信メールの宛先設定を見直し、従来横1列に並んでいたメールアドレスを、1行に1つのメールアドレスを表示する形式に変更した。入力した文字列からアドレス帳や履歴のメールアドレス/フリガナを検索し、候補を表示する「入力支援」機能も新たに搭載した。

 このほか、他社製メールソフトからスムーズに移行できるアカウント設定の自動取り込みや、Windows Vistaに標準添付される「Windowsメール」への対応などの強化を図った。初回起動時には、各種設定を一括設定できる環境設定ウィザードが起動する。対応OSはWindows Vista、XP、2000。

 価格は、通常版が5040円、ダウンロード版が3675円。「Shuriken Pro」シリーズの登録ユーザーを対象としたバージョンアップ版や、法人向けのライセンス版「J-License Shuriken 2007 [Corporate Edition]」も用意する。バージョンアップ版は直販サイト「Just MyShop」のみの販売で、価格はパッケージ版が2625円、ダウンロード版が2100円。

 なお、前バージョン「Shuriken Pro4 /R.2」を含む、同社製ソフト7本をセットにした総合オフィスソフト「JUST Suite 2007」の購入者には、3月9日から「Shuriken 2007」への無償バージョンアップを行う。