シグマA・P・O システム販売(シグマA・P・O、菅野高吉代表取締役)は1月23日、液晶画面の覗き見を防止する液晶プライバシーフィルター「SEETECTシリーズ(SPFシリーズ)」を1月下旬に発売すると発表した。ラインアップは12.1インチ、15インチ、17インチの3種類。

 視野角左右30度を超えると画面が見えなくなる「プライバシールーバー」を採用。さらに、反射防止効果のある「アンチグレア」表面処理を施しながら、90%という高い透過率を確保し、フィルター越しでも明るく見やすいようにした。

 フィルターは、両面テープ不要の自己吸着タイプで、画面に直接貼って使用する。わずか0.3mmと薄いため、画面に装着したままノートPCを開閉することができる。フィルターには、防傷コーティング加工や紫外線カット加工も施した。画面から放たれる紫外線を99.9%カットできるため、目に優しいという。

 価格はすべてオープン。実勢価格は、12.1インチ(幅246×高さ185mm)の「SPF121」が8800円前後、15インチ(幅305×高さ228mm)の「SPF15」が1万800円前後、17インチ(幅339×高さ271mm)の「SPF17」が1万1800円前後の見込み。