ペンタックスは1月23日、超薄型ボディの「ペンタックス オプティオ M30」、大型液晶モニター搭載した「ペンタックス オプティオ T30」、初心者向けの「ペンタックス オプティオ E30」のコンパクトデジタルカメラ3機種を発表した。「M30」を2月上旬、「T30」「E30」は2月下旬に発売する。価格はすべてオープン。実勢価格は「M30」が3万円前後、「T30」が3万円台半ば、「E30」は2万円前後の見込み。

 ペンタックスは1月23日、超薄型ボディの「ペンタックス オプティオ M30」、大型液晶モニター搭載した「ペンタックス オプティオ T30」、初心者向けの「ペンタックス オプティオ E30」のコンパクトデジタルカメラ3機種を発表した。「M30」を2月上旬、「T30」「E30」は2月下旬に発売する。価格はすべてオープン。実勢価格は「M30」が3万円前後、「T30」が3万円台半ば、「E30」は2万円前後の見込み。

 「M30」は本体の厚さが18mmの薄型デジタルカメラ。薄型バッテリーを用い基板の小型化を図ることでボディの幅を抑えた。また、外装にはアルミ合金を採用。CCDは有効710万画素。35ミリフィルムカメラ換算で38-114mmの光学3倍ズームレンズを搭載した。

 人物が画面上のどこにいても、顔の位置を自動的に検知してピントを合わせ最適な露出設定を自動で行う顔認識機能「顔認識AF&AE」を搭載。また感度を最高ISO3200まで自動的に変化させ、速いシャッタースピードで手ブレや被写体ブレを抑える撮影モード「Digital SR(デジタルエスアール)」も備える。また、約15.5m離れた被写体でもストロボで撮影ができる。液晶モニタは2.5型。

 対応メモリカードは、SDメモリーカードとSDHCメモリーカード。また本体には21.9MBのフラッシュメモリを内蔵する。電源は専用の充電式リチウムイオンバッテリーを使用。サイズは幅97×高さ57×厚さ18mm、電池と外部メモリを含めた重さは135g。カラーはシルバー、ワインレッド、ネイビー。

 「T30」は、3.0型のTFT液晶モニターを搭載。表示画素数は約23万で、視野角は上下左右ともに170度。有効710万画素のCDD、35ミリフィルム換算で37.5-112.5mmの光学3倍ズームレンズを備えた。

 本体のみの重さは120gで、サイズは幅93.5×高さ57×厚さ19mm。新型の薄型バッテリーや独自のレンズ機構などを採用することで、3.0型液晶モニターを搭載した光学3倍ズーム機ではクラス最小・最軽量を実現した。

 撮影機能では高感度撮影で手ブレや被写体ブレを抑える「Digital SR(デジタルエスアール)」、顔認識機能「顔認識AF&AE」を搭載。動画撮影用の電子式手ブレ軽減機能「Movie SR(ムービーエスアール)」も備える。

 記録媒体は約19.9MBの内蔵メモリ、SDメモリーカード、SDHCメモリーカード。電源は専用の充電式リチウムイオンバッテリー。

 「E30」は有効710万画素のCDD、35ミリフィルム換算で36-108mmの光学3倍ズームレンズを搭載した初心者向けの機種。撮影の設定を自動で行う機能「グリーンモード」、撮影時には15種類、再生時には8種類のモードを液晶モニター上にアイコンで表示する独自の「モードパレット」機能を搭載した。

 液晶モニターは2.4型で、電源には単3乾電池を採用した。アルカリ電池の場合で約200枚撮影できる。記録媒体は11MBの内蔵メモリ、SDメモリーカード、SDHCメモリーカード。サイズは幅94.5×高さ61.5×厚さ35.4mm、外部メモリ、電池を含めた重さは185g。