KFE JAPAN(原田隆朗代表取締役社長)は1月23日、有効500万画素のCMOSセンサーを搭載したデジタルカメラ「EXEMODE DC567」を発売すると発表した。1月23日にオンラインショップ「ネットプライス」で先行予約販売を行う。価格はオープン。実勢価格は1万円前後。

 KFE JAPAN(原田隆朗代表取締役社長)は1月23日、有効500万画素のCMOSセンサーを搭載したデジタルカメラ「EXEMODE DC567」を発売すると発表した。1月23日にオンラインショップ「ネットプライス」で先行予約販売を行う。価格はオープン。実勢価格は1万円前後。

 薄さ25mmで重さが80gと小型軽量なのが特徴。SDメモリカードに対応し、本体には32MBのフラッシュメモリも内蔵する。35mmフィルムカメラ換算で44.7mmの単焦点レンズを搭載。最大4倍のデジタルズーム機能を備える。電源は単4アルカリ電池2本で、約110枚の撮影が可能。スライド式のレンズカバーで電源のON・OFFを切り替える。モニタは2型のTFTカラー液晶。色はピンクとシルバーの2色をラインアップした。