タカラトミー(富山幹太郎社長)は1月23日、身長わずか165mmと二足歩行ロボットとしては世界最小のヒト型ロボット「Omnibot2007 i-SOBOT(オムニボット2007 アイソボット)」を7月に発売すると発表した。予定価格は3万1290円。

 独自開発の小さなサーボモータを17か所に組み込み小型化に成功。また、ジャイロセンサーを搭載し、自動的にバランスをとりながら多彩でスムーズなアクションを行う。

 動作モードは「リモートコントロールモード」「プログラムモード」「スペシャルアクションモード」「ボイスコントロールモード」「ダンスモード」の5つ。このうち、音声で命令できる「ボイスコントロールモード」と、ダンスをする「ダンスモード」は、ほかの二足歩行ホビーロボットには搭載されていない独自機能。本体にはスピーカーを内蔵し、言葉や効果音、音楽などを発しながら動作する。

 大きさは幅96×高さ165×奥行き67mm。バッテリーを含む重さは約350g。本体は組み立て済みで、液晶モニタ付きコントローラーを付属する。本体のバッテリーは、単4型ニッケル水素式充電池×3本(付属)、コントローラーは単4型1次電池×3本(別売り)。対象年齢は15歳以上。