トレンドマイクロ(エバ・チェン代表取締役兼CEO)は1月22日、Windows Vistaに対応した個人向け総合セキュリティソフト「ウイルスバスター2007トレンド フレックス セキュリティ Windows Vista対応版」を1月30日に発売すると発表した。

 06年9月に発売した「ウイルスバスター2007」のVista対応版で、外箱をDVDソフトと同程度の13.7×19.2×3.9mmのコンパクトパッケージに変更し、スリム化を図った。ラインアップと価格は「ウイルスバスター2007」と同じ。

 Vista対応版では、「ウイルスバスター2007」からの新機能「トレンド フレックス セキュリティ」がVistaに対応し、Internet Explorer 7.0上で利用できるようになった。さらに新コンテンツとして、トレンドマイクロのウイルス解析者のブログ「トレンドアナリスト発HOT TOPICS」を公開する。

 同社では、今回のVista対応版の発売を記念し、「V&V(Windows Vista & Virus Buster)キャンペーン」も実施。家電量販店では、1月30日から4月1日までの期間中に「ウイルスバスター2007」を購入したユーザーを対象に、「PLAYSTATION 3」などを抽選でプレゼントするキャンペーンを行う。また、1月30日から2月13日までに、同社オンラインショップでダウンロード新規3年版を購入したユーザーを対象に、利用期間を無料で2か月延長する。

 なお、「ウイルスバスター2007」のユーザーに対しても、インターネット経由でVista対応版に無償でバージョンアップできるサービスを1月30日から開始する。