セイコーエプソン(花岡清二社長)は1月22日、高精度OCRエンジン「インテリジェントOCRエンジン」を搭載し、認識精度を高めた日英活字OCRソフト「読んde!!ココ Ver.13」を2月23日に発売すると発表した。

 セイコーエプソン(花岡清二社長)は1月22日、高精度OCRエンジン「インテリジェントOCRエンジン」を搭載し、認識精度を高めた日英活字OCRソフト「読んde!!ココ Ver.13」を2月23日に発売すると発表した。

 新たに「かすれ領域抽出機能」を搭載することで、罫線のかすれなどを低減し、罫線が多い原稿のレイアウト解析精度を向上。スキャン時のゴミ画像を除去する「ノイズ除去機能」の精度も高め、カラー原稿にも対応できるようにした。読み取った画像のうち、白紙ページを自動的に消去し、無駄な白紙ページの除去作業を軽減する「白紙除去機能」も新たに搭載した。

 このほか、紙文書の入力・加工・配信などの一連の電子化処理作業をルール化できる「OCRファクトリー機能」を強化し、新たに「連番(続きから)」「処理日時付加」「ユーザー定義ファイル名(任意作成)」のファイル名保存パターンを追加した。同社のビジネス向け製品「オフィリオ複合機/スキャナ」との親和性の向上も図った。

 価格は、「読んde!!ココ Ver.13」の通常版が2万790円、ダウンロード版が1万3440円。従来版のユーザーと、エプソン製スキャナに付属するバンドル版「読んde!!ココ パーソナル」ユーザーを対象にしたアップグレード版も販売する。アップグレード版の価格は通常版が7875円、ダウンロード版が5040円。それぞれ企業や学校向けにライセンス版も用意する。

 また同社では、ファイル管理・検索ソフト「Document Storage(ドキュメントストレージ)Ver.1.2」とセットにした「読んde!!ココ Ver.13 Document Storage Suite」も同時に発売する。「Document Storage」と「読んde!!ココ Ver.13」を連携することで、認識結果の自動振り分け/登録が可能。価格は通常版が2万3940円、アップグレード版が1万3440円。