メディアキャスト(杉本孝浩代表取締役)は1月22日、専門知識がなくてもワンセグを含む地上デジタル放送の番組企画・立案とコンテンツ設計が行えるソフト「MagicDraw(マジックドロー)」を発売した。税別価格は19万円。全機能を14日間試用できるトライアル版の配布も行う。

 メディアキャスト(杉本孝浩代表取締役)は1月22日、専門知識がなくてもワンセグを含む地上デジタル放送の番組企画・立案とコンテンツ設計が行えるソフト「MagicDraw(マジックドロー)」を発売した。税別価格は19万円。全機能を14日間試用できるトライアル版の配布も行う。

 NHKとの共同開発技術をベースに製品化したもので、デジタル放送規定やデータ放送向けの記述言語「BML(Broadcast Markup Language)」の知識や技術がなくても、GUIによる直感的な操作でデータ放送画面のボタンや文字をPC上でレイアウトし、番組のサービスイメージを企画・立案することができるのが特徴。リモコンやキー操作に反応する画面の動き、音などの動作情報を設定することもできる。

 さらに、図を作成して画面の遷移関係を明確にする機能も搭載。リモコンやキー操作などイベントごとの遷移方法を設定して、画面間の遷移情報を入力することができる。遷移状況をプレビューすることも可能。

 このほか、番組の企画・立案者名やプロジェクト名を設定し編集履歴などを管理する機能や、作成した番組企画案をBML制作者向けにWord/Excel形式の企画仕様書として出力できる機能を備える。

 作成した番組企画案は、付属ソフト「MagicDraw Viewer(マジックドロービューアー)」で、画面遷移プレビューやイベント内容の確認を番組関係者全員で行える。BMLオーサリングソフト「Foliage(フォーリッジ)シリーズ」にデータを送り、BMLコンテンツを自動生成させることも可能。対応OSはWindows XP。