TMC(川崎弘明代表取締役)は1月22日、高齢者向けの脳トレーニングマシン「フレッシュブレイン」を2月5日に発売すると発表した。税別価格は96万円。

 「ドライブ」「旅行」「商店街」の3つの場面で目的地を目指すゲームを通じ脳のトレーニングを行う。15インチ液晶画面に写し出される動画の中に、矢印・止まれ・動け・クイズなどの指示が現れ、1本のレバーと3個のボタンで対応していくもの。ゲームの成績は数値化され、目的地に到着した時の得点で脳活性度を測定する。

 個人に割り当てられたユーザーコードを入力すると、コンピュータが各種得点を記録し、訓練の経緯を一覧表で閲覧できる。また、個別に脳機能改善の訓練計画を策定し、その経過を監視することもできる。反射・注意・概念・図形・記号の個別刺激得点と総合得点、ゲームの種類、ゲームの効果を評価するプログラム「改定長谷川式簡易知能評価スケール」から、対象者の脳機能を継続評価。要支援の方や介護施設、高齢者専用マンションでトレーニングマシンとして使用できる。