シンクプラス(川北潤社長)は、ウェブブラウザを同期させてコミュニケーションすることが可能な「Sync+」を利用し、インターネットを使ったネットサイン会を開催すると発表した。第1弾としてタレントの日高慎二さんのサイン会を1月19日15時から17時まで開催する。

 「Sync+」を利用し、インターネット経由でサインする人とファンのブラウザを1対1でリアルタイムに同期。サインをする人がタブレットPCで色紙データに手書きでペン入力することで、ファンのブラウザに手書きのサインが表示される仕組み。ファンはそのデータをパソコンに保存し、壁紙などに利用できる。

 今回は1月15日17時までに応募した希望者のなかから抽選で10名を選び実施。当選者は、特典として、ネットサイン会中、電話で日高慎二さんと直接話すことできる。また同社では、サイン会の状況をライブ配信する予定。