日本ビクターは1月18日、1GBのフラッシュメモリを内蔵したFM・AMチューナ搭載CDコンポ「UX-DM8」を2月中旬に発売すると発表した。本体と同系色の2本のスピーカー、リモコンが付属する。価格はオープンで、実勢価格は5万5000円前後の見込み。

 日本ビクターは1月18日、1GBのフラッシュメモリを内蔵したFM・AMチューナ搭載CDコンポ「UX-DM8」を2月中旬に発売すると発表した。本体と同系色の2本のスピーカー、リモコンが付属する。価格はオープンで、実勢価格は5万5000円前後の見込み。

 USB端子とiPod専用端子を装備し、CDに加え、内蔵メモリに録音した楽曲や、本体に接続したiPodなどの携帯オーディオ、USBメモリの音楽を再生できる。ダイレクト録音はCD、ラジオ、ライン入力に対応。専用録音ボタンを押すだけで、最大8倍速で録音できる。

 iPodは付属の専用ケーブルで接続すると、本体の充電や付属のリモコンによる再生・スキップといった操作が可能。その他の携帯オーディオはUSB端子やステレオミニジャック端子で接続する。

 再生可能な音楽ファイルはMP3/WMA/WAV、録音はMP3のみ。また、業界で初めて「USBデジタルメディアストリーミング」に対応し、2月上旬発売予定の同社製携帯オーディオ「XA-C210/C110/C51」と組み合わせれば、音楽配信サイトからダウンロードした著作権管理機能付きWMAファイルも再生できる。

 独自の高音質化技術「K2テクノロジー」を搭載し、デジタル変換の際に欠落した音楽情報を補完し、臨場感あふれる音場を再現できるようにするなど、音質にもこだわった。実用最大出力は20W+20W。本体カラーはブラック、シルバー、ホワイトの3色。