紀伊國屋書店(松原治会長兼CEO)は12月10日、書籍の在庫検索サービス「KINO(キノ)ナビ」の携帯電話版「キノナビ・モバイル」を開始したと発表した。まず香川県の高松店から開始。07年1月には、全国58店で一斉にサービスを開始する予定。

 紀伊國屋書店(松原治会長兼CEO)は12月10日、書籍の在庫検索サービス「KINO(キノ)ナビ」の携帯電話版「キノナビ・モバイル」を開始したと発表した。まず香川県の高松店から開始。07年1月には、全国58店で一斉にサービスを開始する予定。

 「キノナビ・モバイル」では、携帯電話からインターネットを使って紀伊國屋書店の店舗の在庫データを検索、確認することが可能。携帯電話の位置情報サービスと連動させることで、今いる地点から最寄りの店舗を探したり、携帯電話の使用が可能な店舗では、画面に表示された地図を見ながら、欲しい書籍の書棚前までたどり着くことができるという。

 「KINOナビ」は、紀伊國屋書店の国内47、海外5店舗に設置されているタッチパネル式の店内在庫検索端末を使い、来店者が自分が欲しい書籍について在庫を持つ店舗や店内の書棚の位置などを検索できるサービス。国内の書籍、雑誌、DVD、音楽CDや海外の洋書籍、洋雑誌を探すことができる。海外の店舗では、中国語(簡体字・繁体字)でも検索できる。