河合楽器製作所(河合楽器、河合弘隆社長)は、音楽を聴きながら入力することで、より効果的な練習が可能なタッチタイピング練習ソフト「聴加速タイピング」を7月28日に発売する。価格は5250円。

 タイプする速さによってBGMとして流れる音楽のスピードが変化する独自機能「聴加速メソッド」を搭載し、音楽に合わせてより速く正確なタッチタイピングを練習できるのが特徴。ミスをすると音楽のスピードが下がるため、熟練度に合わせて正確なタイピングを習得できる。音楽は、内蔵の楽曲以外に、市販の音楽CDから取り込んだWAVファイルも利用可能。

 タイピングコースは、英文やローマ字入力、カナ入力やテンキーなどの基本練習のほか、漢字変換も含めた日本語入力の練習ができる実践的なコースを用意。さらに「単語抽出機能」を利用することで、漢字交じりの自由なテキストを読み込み、その文書から専門用語を抜き出した教材を作成できるため、仕事や趣味などでよく使う単語を集中的に練習することもできる。

 レッスンの結果は、履歴グラフや「リプレイ機能」で確認できる。弱点の自動診断で、苦手な単語などの克服も可能。加えて「ワープロ検定」の目安になる段級位でタイピングレベルも判定できるため、初級者から上級者まで幅広く活用できる。対応OSはWindowsXP/2000。