コニカミノルタホールディングスは6月30日、蛍光灯並みの明るさと発光寿命を持つ有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)を開発したと発表した。

 有機ELは電圧をかけるとガラス基盤に塗った有機物が光る発光素子。コニカミノルタが開発した有機ELは白く発光するタイプで、発光効率が64ルーメン/W、発光寿命は約1万時間と、蛍光灯とほぼ同じレベルを実現した。

発光効率の向上と高寿命化の両立が最も難しいとされる「青色リン光発光材料」を使って、写真フィルムで得た技術を生かした研究を行った結果、初期輝度300カンデラ/m2で約16,000時間と世界最高レベルの発光寿命が得られる材料の開発に成功。独自技術で基盤に蒸着することで、蛍光灯並みの明るさと発光時間を両立した。

 コニカミノルタでは、携帯電話の液晶ディスプレイのバックライトや照明用途での利用を見込み、07年度の商品化を目指す。