アーク情報システム(藤井悦社長郎)は、動作中のPCから起動に必要なファイルを取得し、Windows起動用のCDやDVD作成できる「BOOT 革命/DVD Ver.1」と、Windowsシステムを丸ごとUSBメモリにコピーし、USBメモリから直接Windowsを起動させることができる「BOOT 革命/USBMemory Ver.1」の2つの起動制御ユーティリティソフトを7月7日に発売する。価格は各1万4490円。

 「BOOT 革命/DVD Ver.1」は、起動に必要なファイルを自動的に取得してファイルリストを作成する「起動用ファイルリスト作成ツール」を搭載。「Windows 起動DVD」の作成方法も簡単で、難しい操作や知識は必要ない。また、起動時に面倒なコマンド入力もなく、HDDから起動している時のWindowsと同じように起動して操作できる。

 「BOOT 革命/USBMemory Ver.1」は、容量の問題を解決するためにサイズに入りきらない場合でも、現在動作中のWindowsから起動に必要なファイルだけを自動で取得することのできる「ファイル情報の取得、リストの作成機能」を装備した。システム全体の容量がUSBメモリより大きくても、収まるサイズにしてからコピーできる。USBメモリから起動したWindowsは通常のWindowsとして変わりなく使用できる。