デノン コンシューマー マーケティングは、「ハイコンポ Fシリーズ」の新製品「D-F103シリーズ」を8月下旬に発売する。価格は、CD/HDD/インターネットラジオシステム「CHR-F103」が11万2350円、スピーカーシステム「SC-F103SG」が2本1組で4万9350円。

 デノン コンシューマー マーケティングは、「ハイコンポ Fシリーズ」の新製品「D-F103シリーズ」を8月下旬に発売する。価格は、CD/HDD/インターネットラジオシステム「CHR-F103」が11万2350円、スピーカーシステム「SC-F103SG」が2本1組で4万9350円。

 「CHR-F103」は、40GBのHDDを内蔵したCD/HDDコンポ。LAN端子を装備しており、インターネットにつなぐことで、インターネットラジオやネットワークミュージックプレーヤーの機能が利用できるのが特徴。手持ちのCDを内蔵HDDに保存し、多量の楽曲の一括管理やプレイリストを利用した音楽再生が楽しめるほか、世界中のインターネットラジオ放送を聴いたり、同じLAN上にあるパソコンに保存した音楽ファイルをLANを経由して再生することができる。

 CDからHDDへは、約4倍速の速度で楽曲を録音できる。録音フォーマットは、CDと同じクオリティのリニアPCMとWMAの2種類で、WMAフォーマットでは標準モードで最大約1万曲、高音質モードで約7000曲の楽曲を保存できる。HDD内には、CDの楽曲情報を収めたGracenoteデータベースも搭載し、録音時に、そのCDのアルバム名、曲名、アーティスト名を自動で登録する。さらに新譜などHDD内に記録されていないCDの楽曲データも、インターネット経由で自動で入手・記録することができる。

 また、バックパネルに装備したパソコン接続用のUSB端子と専用ソフトを使用することで、PCを使ってHDD内の楽曲ファイルを管理することが可能。フロントパネルには、USB対応の携帯オーディオを直接接続できるUSB端子や日本語表示も可能な大型ディスプレイも装備した。

 音質面では、92kHz/24bit高精度D/Aコンバーター、8倍オーバーサンプリングデジタルフィルターなどを搭載。本体サイズは幅250×高さ110×奥行き250mm、重さは3.9kg。カラーは、プレミアムシルバー。

 「SC-F103SG」は、「CHR-F103」と組み合わせられるピアノ調ブラック仕上げのスピーカー。ヨーロッパのサウンドデザイナーと共同開発した。1本のサイズは幅164×高さ278×奥行き272mm、重さ5.3kg。