アットネットホーム(深町俊幸社長)は6月28日、コミュニティテレビこもろ(伊藤光春社長)に、同社のインターネット総合サービスを提供すると発表した。これにより、7月1日からコミュニティテレビこもろの提供するインターネットサービスに「コミュニティテレビこもろ@NetHome」が加わる。

 料金は、下り3M(メガ)bpsの「コミュニティコース」が3129円、下り10Mbpsの「ハイスピードコース」が5040円。なお、「ハイスピードコース」は8月1日から30Mbpsに増速予定。

 コミュニティテレビこもろは、長野県小諸市で多チャンネル放送とインターネットサービス、IP電話サービスを提供しているケーブルテレビ局。現在ホームパスは約1万4000世帯、インターネットサービスには約3200世帯が加入している。また、02年からアットネットホームとコンテンツ配信で提携し、インターネット会員に向けて100タイトル以上のブロードバンドコンテンツを提供してきた。